古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


頭蓋骨が歪むと精神疾患が起きる可能性大

頭蓋骨NO1.jpg

頭蓋骨は動いている

多くの方はご存知ないかもしれませんが、頭蓋骨がきわめて小さな動きをするのは、カイロプラクティックやオステオパシーという手技療法の業界においては世界的に常識的な知識です。頭蓋骨の動きが悪くなっているために、脳の機能が低下して不眠症やめまい、耳鳴りや頭痛、時にはホルモン異常などの様々な症状が出ているのです。

頭蓋骨の動きが悪いと精神面にも影響が及びます。やる気や意欲が出なかったり、集中力が無かったり、決断が出来ないなどのことも起こり、頭にもやがかかった感じがするときもあるなどの症状も起きてしまいます。

通常、頭蓋骨は1分間に10回前後膨らんだり戻ったりしています。実は頭蓋骨は一つの骨ではなく22個の骨が立体パズルのように組み合わさってできています。ですから、頭蓋骨は風船のように膨らんだりするのではなく、22個のそれぞれの骨が歯車のように絡み合っていて、動いています。頭蓋骨は、この脳脊髄液の循環をさせるために動いているのです。
 

 脳脊髄液の循環

全身を巡る血液は心臓というポンプの役割をする臓器がありますので留まることなく流れていますが、脳脊髄液の中にある脳と脊髄にはポンプ役をするための臓器がありません。そのため、何かで循環させなければ、脳脊髄液は古くなり淀んでしまいます。脳脊髄液が循環されないと脳の機能が低下していきます。

するとうつ病や自律神経失調症に特有な症状が出てくるのです。そのため、頭蓋骨が膨らんだり元にもどったりして脳脊髄液をポンピングして循環させているのです。

頭蓋骨は硬膜を通じて骨盤の真ん中の骨である仙骨にも付いており、仙骨と頭蓋骨とが共同して動いて脳脊髄液を循環させています。
しかし頭蓋骨がゆがむと頭蓋骨の動きがロックしてしまい、第1次呼吸システムといわれる機能が作用しなくなります。そのため脳脊髄液の循環がうまく行われなくなってしまうのです。

また、頭蓋骨と仙骨は硬膜でつながっていることから、骨盤(特に仙骨)のゆがみがあることでも脳脊髄液の循環がうまく行われなくなることもあります。このようなことから、うつ病や自律神経失調症の方には頭蓋骨の調整は欠かせない施術になっております。

体調がおもわしくない時には頭蓋骨と骨盤(特に仙骨)の調整は欠かせません。頭蓋骨のゆがみは、顔やあごにもゆがみが表れていることも多く、左右の顔があまりにも違う場合は頭蓋骨も大きなゆがみを持っている場合が考えられます。

リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ