古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


腰痛と腎の関係性

腰痛と腎.jpg

 腰痛


人体で腰は身体の要です。そして腰痛は肩こりと並んでよく耳にする症状です。腰痛は肩こりと同様で慢性的な症状になっている方も多いのではないでしょうか。腰は身体の要ですし、立ったり座ったりという動作をするのにも腰痛は辛いものです。

同じ姿勢を長時間続けていたり、梅雨の時期には腰に不調を感じたり、季節の変わり目で痛みを感じるなどのこともあると思います。
ですが、姿勢や外部環境だけではなく毎日の食事が腰痛に影響していることはご存知でしょうか。


腎臓の働きと腰痛の関係

腎臓は腰の左右に位置します。陰陽五行の考えでは、腎は「生命の源」と言われる大切な臓器です。そして、腎の不調が腰にも影響を及ぼすことが多くあります。


腎臓の働き

腎臓の主な働きの一つとして、体内の老廃物を尿として排出することによって血液をキレイにしています。ですから血液をキレイにすることは、健康にも美容にもとても重要になってきます。

腎臓の働きを正常に保つために気をつけること

動物性たんぱく質や、加工食品、添加物の摂りすぎには注意が必要です。老廃物を排出する腎臓に負担をかけないようにするには、老廃物になるものを体に取り込まないこと。良質なたんぱく質は身体を作るために重要な栄養です。しかし、動物性食品の過剰な摂取は老廃物を多く処理しなければならないことになるので、腎臓がオーバーワークになりがちです。

もちろん、農薬や添加物が入った加工食品も腎臓にとっては負担になります。できれば、負担を減らすためにもオーガニックな食べ物を適度に食べて常日頃から腎臓をいたわりたいものです。内臓は自律神経の働きで働いているので、腎臓に限ったことではありませんが、規則正しい生活が理想になります。


腎臓以外でも腰痛に関係している臓器

お肉の消化には8時間くらい必要

最近では、糖質制限食のために肉メインの生活をされる方も増えています。お肉は消化に8時間くらい時間がかかるのですが、その間は胃腸などの消化器系に血液が引っ張られてしまい、反対側の腰に負担がかかるとも言われます。

消化力には個人差があり、肉を摂取するなら自分に合う量を探り調整することも必要です。また、選ぶときは消化に余計な負担をかけないためにも安価な輸入肉ではなく、グランスフェッド等の良質な肉を選ぶこともお薦めです。


腰痛ケアのために積極的に摂りたい食材を陰陽五行から考える

陰陽五行で考えると「腎」は耳や膀胱、生殖器も関係してきます。また、ホルモン系や免疫系にも関わってきます。免疫が下がって炎症を起こして痛みを伴うことで、腰痛になることもあります。「腎」は冷えに弱く、ホルモン系に関わるので、老化・更年期・不妊・むくみ・白髪などに関わっていますので、女性にとっては腰痛でなくても気になるところです。


腰痛の方に陰陽五行からみる、お薦め食材

 黒いもの

鹹味、黒いもの、粘りのあるものを食べるといいとされています。鹹味とは自然の塩気です。天然塩、みそ,醤油、他には海苔や昆布などの海藻類です。黒いもの、粘りのあるものとは、古代米・黒豆や黒ごま・黒きくらげ・ひじき・山芋・里芋・ゴボウなど、食事のときに黒ごまをトッピングしたり、海苔をトッピングすると良いかもしれません。黒ごまは消化吸収しやすいように、すりごまにすることがお薦めです。

 本物の食物

調味料は昔ながらの工程で作られるものを選んでください。塩は、うま味添加物のない天然の塩・味噌・醤油も着色料や保存料など余計なものが入ってない発酵されたもの

 腎を養い体を温める食べもの

「腎」を冷えから守るため、温める食べものも一緒に摂りましょう。生姜、シナモン、ニラ、ネギ、かぼちゃ、時期によりエアコンで冷えたり、外気で火照ったりしますが、火照るときには量で調整してください。



筋肉の硬直も原因

筋肉の硬直も原因の一つです。とくに「大腰筋」というお尻の筋肉と腎臓は「筋膜」で繋がっています。筋膜とは、筋肉・骨・内臓・血管・神経などを包みこむネット状のものです。離れていますが、大腰筋と腎臓は同じ筋膜というネットで包まれているイメージです。

筋膜が硬直しているということは、リンパ液、血液共に流れが悪くなっている状態で、上手く老廃物が回収できないで栄養も届かない状態です。そして、関節と関節を繋ぐ筋肉が硬いということは、筋肉だけでなく関節にも影響されます。腎臓が弱ると硬直して筋膜が引っ張られます。このようなことで腰痛が起こることもあるのです。


モビリティ関節・スタビリティ関節

モビリティ関節とは筋肉を動かす関節で、スタビリティ関節とは筋肉を安定させる関節です。「腰椎」は筋肉を安定させるためのスタビリティ関節です。動かしすぎで腰痛になる方もいますが、肩関節・股関節・足首などのモビリティ関節が動いていない方も多いです。

ゆっくり関節を左右に回旋させてみると思ったより回らないことに気づくこともあります。お風呂あがりなど、リラックスしていて筋肉がゆるんでいる時に、関節を回してみると効果的です。

深呼吸して行うとさらに良いでしょう。深呼吸することで、肺だけではなく腎のサポートにもなります。

リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ