古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


愛 05

愛05.jpg

 幼少期に必要だった大切なもの

  我が子への愛情不足がもたらす害を解決する治療法。もしそれが存在したなら、どんなに素晴らしいでしょう。
  •    自分を肯定できない
  •    他人に関心が持てない
  •    他人とコミュニケーションが苦痛
  •    家族の中でさえも分離感と孤独感がある
  •    我が子でさえも愛情が薄い

後からどんなに愛情を注ごうとも、インナーチャイルドに働きかけても、問題は解決しません。幼少期を過ぎてしまえば、今までならもう打つ手はなかったのです。ですが人類史上で初めて、「愛05」がこの問題を解決しました。


愛とは何か?

愛には、明確な定義があります。「一体感+尊重」の波長です。一般的には優しさを含めた概念で愛が語られていますが、優しさはまた別口の感情です。一体感を持って尊重をしている相手には、優しくて当然なのです。優しさとは、大切にしようとする思いのことです。

一体感をもって、価値のある大切なものとして感じている部分が愛です。一方、それを実際に大切にしようとする意欲が優しさなのです。一体感のない尊重もありますから、愛のない優しさも存在します。ですから、厳密には愛と優しさは別の概念なのです。この違いを把握していなければ、愛05の誕生はありませんでした。


何故、幼少期を逃すと手遅れになるのか?

0歳から5歳くらいの期間は、初期の人間形成期に当たります。幼くなればなる程、他人と自分との区別が曖昧になります。一体感とは、境界線が無い、もしくは曖昧な感覚のこおとを指します。この時期には一体感を持つことが容易に出来、この時期に一体感をもって思われた事は、心の底では、自分が思っているのと同じ意味になります。愛とは、「一体感+尊重」でした。愛情の波長を受けると、「自分は価値ある存在である」という意識が、自己形成中の人格に入れ込まれていくのです。

そしてその思いは、直接「自己肯定感」に繋がっていきます。人格で自分を尊重しているので、理由を必要とはしません。運動神経に優れている、見た目が可愛いなどといった理由なしに、ただ自分だというだけで肯定できるのです。
 
ですが5歳を過ぎてくると、自分と他人との区別が明確になってきます。一体感をもって思われた事であっても、自分の想いとイコールにはなりません。ですから、自己肯定感には繋がりにくくなります。この時期の愛情の波長を受けた場合にも、その尊重は、今の自分の心に喜びをもたらします。けれども、形成された人格は変わりません。それはインナーチャイルドにアプローチしても、やはり同様なのです。

ですから、幼少期を過ぎてしまったらもうどうすることも出来ずに手遅れになってしまっていたために大切な愛情不足を補う術が今まではありませんでした。
ですが、この問題を解決したのが「愛05」なのです。


愛05の効果

  •    自分を肯定できる
  •    他人への関心と情が自然と湧き上がってくる
  •    他人との繋がりに幸福を感じられるようになる

リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ