古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


半身の先天的な弱さ

人体.jpg

体の半身が弱い

半身の弱さは、健康、運動能力に深刻な悪影響を及ぼしてしまいます。この技術を、世界で大勢の人が待っていました。もしも、この治療を受けなければ、一生、そのハンデから抜け出せないのです。これは人類の7割が抱える問題ですが、今まで世界に解決方法はありませんでした。少数の治療家・セラピストがその問題に気づいていたものの、原因は不明でした。この問題には対処療法でしか対応できず、しかも、その効果は直ぐに切れてしまっていたのです。
ですが、この施術では、一度の治療で完全な形で解決が可能になりました。
そして、よほど特別な事情でなければ、もう二度と再発することはありません。


何故、半身が弱いのか?

それでは何故、半身が弱いのか? そして生まれつきそのような傾向があるのは何故なのか? 生まれつきの傾向で半身がすでに弱いという傾向が表れているのですが、でも生まれつきとは言っても、遺伝子の問題ではありません。妊娠中に、アクシデントが起こったせいでもありません。原因は肉体ではなく、精神体というものにあります。精神体とは、私たちの精神の実体を意味しています。「これが自分ある」と自覚している意識そのものが、精神体というものです。潜在意識を含めて精神体があるので、その全貌は自覚できるものではありません。肉体が母親の中で受精卵として誕生する以前から、精神体は存在しているものです。

 肉体から精神が生まれるのではなく、肉体を動かす担当として精神体が付いている形で、人格を持った人間となります。人の心とは、肉体の反射的な欲求と精神体の精神が合わさったものなのです。精神体は、身体を見ながら身体を運営しています。ところが多くの精神体は問題を抱えていて、半身があまりクリアに捉えられずに結果として半身があまりよく見えていません。ボヤけてしまっています。その度合が強ければ強いほど、生命力が低くなります。実は人類の7割の人がこのような問題を抱えており、その中の圧倒的な多数が左半身なのです。


半身の弱さがもたらす健康被害

弱い・強いの境界は、正中線できれいに分かれます。脳、内臓、筋肉など、その弱い側にあるもの全ての生命力が落ちてしまいます。例えば左半身の人ですと、胃、心臓、脾臓、左肺、左腎臓、大腸・小腸の左側、などにトラブルが起こりやすくなります。

身体が不健全な状態に追い込まれた時、あるいは加齢によって弱った時、弱点である左半身のどこかで異常が発生することが起こります。腰に負担をかけていれば、腰痛。膝に負担がかかっていれば膝通。胃に負担をかけていたら、胃の病気、あるいは体質的に弱い場所がやられてしまいます。

弱点である左半身の中でどこがやられるかは、負担のかかり方と体質によって変わってきます。どんなに健康に気を付けていても、様々な病気や症状に悩まされ続ける。治療法も色々試したけれど、何をやっても駄目だった。という人の根本原因に、この半身の弱さがあるケースが多いのです。

この問題が解決されると、弱い肉体を強く作り直そうとします。その過程で、左半身に生じていた問題も、改善されていきます。


 左半身の弱さがもたらす運動能力の低下

運動能力においては、半身すべての筋肉が弱くなり(鍛えても、筋肉の付きが悪くなります)、また身体感覚も鈍ります。弱い側に体重を乗せる、または軸にした動きが苦手になります。精密さにも欠けることになります。

例えば右利きのテニスの場合には、左半身が弱い場合、フォアハンドストロークが苦手になります。これは左足に体重を乗せて、そこを軸にして回転運動を行うためです。筋肉の弱さと感覚の鈍さで、動きの質が下がってしまうのです。バックハンドは、その逆になります。強くてよく利く右半身がメインになるため、慣れれば、こちらの方が上手くなります。

同じ理由で、野球のバッティング、ゴルフも半身が弱い場合は上達しません。陸上のスプリント競技では、左足の蹴りが弱くなってスピードが落ちてしまいます。サッカーでは、左足のキックは軸が安定しない分だけ弱くて不正確になります。左足のキックは、蹴り足の弱さで力がなくなり、繊細なコントロールがつきません。

スポーツの中で、半身だけを使うものはありません。どのスポーツや競技でも、半身の弱さは上達のハンデとなります。そしてそれによってできた差は、決して自力では埋められません。たとえ身体の強さがあっても、優れた運動神経やセンスを持っていても、半身の弱さがハンデとなって上達できない人が大勢います。例えば日本ハムの斎藤祐樹投手は、ピッチングフォームを見れば、左半身の弱さが見て取れます。

この問題が解決されると、まずその場で、筋肉と動きの繊細さが変わります。また体を使っているうちに、筋肉も徐々に付いていきます。それにつれて、上達の伸びしろが向上します。そこを埋められれば、今まで以上に更に強く上手くなれます。


 美容と半身の弱さ

顔も筋肉ですから、影響を受けざるを得ません。弱い側の顔は、筋肉がたるんで落ちています。張りが無く、シワも深くなる傾向があります。疲れた、老けた印象になります。エステ化粧品で、この問題をカバーしきるのは不可能なのです。

明らかに左右で差があるケースでも、以外に、自覚のない人が多いです。毎日、鏡を見ているのに、気づいていません。何故でしょうか?人は目の前の世界を、そのままは認識していません。それは予想と想像を加えているために、それとズレたものは、認識を誤ってしまうのです。一般的に、顔には、左右対象であるという先入観があります。

左右差を気付かせるのは簡単です。良い側の顔だけを鏡で見てもらって、悪い側と入れ替えます。すると左右対称補正が利かないため、違いに気付きます。主に目の開き方、頬の張り、ホウレイ線の深さに差が出ます。
解決された後は、運動能力と同じようなものです。表情を動かしたり、喋ったりしている内に筋肉が鍛えられ、顔に張りが出てリフトアップされていきます。さらに顔面の筋トレを行うと、その速度を上げられるかもしれません。


殆どの人は無自覚

この問題を抱えている殆どの人に、自覚はありません。それにはいくつかの理由はありますが、その中でも大きなものは感覚的なものです。生まれつきなので、身体の動きに違和感がないのです。弱い側の半身は、弱いなりの動かし方のコツがあります。それを幼少の頃から無意識に体得しているので、外見上はほぼ遜色なく動かせるのが普通なのです。けれども精密に筋力や動きの質を見ると、弱い側は劣っています。

強い方の半身が10だとして、弱い方が7、三割落ちくらいから自覚が出てくる傾向があります。但しその理由を、多くの人は半身の弱さとは解釈しません。左手や左足の鈍さは、利き手・利き足じゃないから当たり前、健康に問題が生じたのは、食べ物や運動不足といった日常生活に原因がある、といった具合に、辻褄が合う理由が他にあると、それが理由だと疑いなしに決めつけてしまいます。

但し、さすがに10:5よりも悪ければ、弱い側のおかしさに気付いているケースが多くなりこの状態で問題だと感じるようになります。


リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ