古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


心の毒の発生機序

毒出しNO1.jpg

心の毒の定義

心の毒には明確な定義があります。一般的には「もやっ」とした使われ方をしている言葉なのですが、その正体は解っています。「反生存的な方向性への動揺」これが心の毒の定義です。キーワードは(半生存的)(動揺)です。

 反生存的というのは、ただ単に肉体的な生存が脅かされるという以外にも、嫌だな、と思うこと全般を広く意味しています。そして、動揺というのは波長の乱れという意味です。つまり嫌だなと思って心が乱れたら、それがイコール心の毒なのです。

「心の毒」は波長を持っていて、物質として精神領域に存在します。心の毒を大量に精神領域に抱え込んでしまうと、今の自分の心にとって嫌だと思い動揺させられることが沢山あるということです。それは心にとって非常に負担になることです。ですから、心の毒を生じさせては、それを常に出したり、浄化したり、燃やしたりという手段を用いて私たちは無意識に心の毒を減らしています。
 

心の毒はどのように発生するか

まず大元の精神活動があり、そこではわざわざ嫌な思いをしたい人はいませんから、嫌な思いをしたくないと誰しも思っているはずです。ですから、より良い人生を送りたい、良い思いをしたい、嫌な思いをしたくない、という元々の期待があります。それに相反するものがぶつかってきて衝突し、クラッシュした残骸が心の毒のイメージです。これは物質として心の中にありますから、それを如何に処理するかということと、後はバランスの問題になります。

心の毒を減らすときの考え方としては、ぶつかってくるものを減らすか、受け止め方を変えるか、発生した心の毒を減らすか、ということに焦点が絞られます。一般的に言われるものも必ずこの中のどれかに含まれます。例えば、嫁姑の問題があったとします。勿論、お姑さんに嫌味を言われたい嫁はいません。

ですから嫌味を言われたくないな、仲良くしたい、という大元の精神活動があるのですが、それに相反して(料理の味付けがどうの、掃除が行き届いてない・・)などと、ガツンと嫌味を言われて、心が乱れて「心の毒」が発生してしまうということが起きます。

あるいは、結婚して旦那さんを凄く信じていたのに、その旦那さんが浮気して、しかも隠し子までいたという場合、心の中では大クラッシュを起こし、大量の「心の毒」が生み出されるということが起こります。

また、このような大きな出来事でなくても、楽しみにしていたシュークリームを食べようと思って冷蔵庫に入れておいたら誰かに食べられて無くなっていた、このようなことでも「心の毒」は生み出されます。
 

心の毒の解消

少しでも嫌だなと思うことがあると、そこで「心の毒」が発生していることになります。それが大きかったり小さかったりするのですが、それを如何に処理していくかということで、心の毒のマネージメントが出来るのです。勿論、心の毒を治療で減らすことも出来ます。

トラウマという考え方もありますが、トラウマ「心の毒が含まれた記憶領域」ですから、心の毒を抜いていくとトラウマも解消されていきます。
 

リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ