古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


うつ病とは心の麻酔

nayami.jpg

心身の休息

鬱病とは何なのか?と考えた時に、一言で表現できる言葉はなかなか無いものですが、鬱病とは「心の風邪である」というようなことを聞くことがありますが、この言葉でも鬱病の姿を正確には捉えているとはいえません。 一般的な精神医療では、鬱病を脳の病気として捉えています。ですから、脳に対する薬が主な対処法とされています。

日頃からストレスを受けているうちに、脳内分泌が影響を受け正常に動かなくなり、それが鬱病の発症に繋がっていくと考えられています。細かく説明しますといろいろとありますけれど、おおまかにはこの方向性で対処しています。精神薬は、その分泌の異常を正常な形に修正してバランスをとろうとする発想のものです。確かにある程度の効果は出ています。うつ病になると確かに脳内分泌が正常な姿ではなくなるのでしょうが、それは決して故障ではないのです。むしろ意図的に、意味を持って、その状態を作っているといえるのです。

心の麻酔

日常にとても辛い事などがあって心の圧迫が過剰になってしまい、精神が耐えられないと判断したときに、全体で感じる感覚を下げて自ら感じないようにするようにしてしまうのです。これは「心の麻酔」という表現が当てはまります。こうしている間にストレスから離れて、心身共に休息させて回復を図ります。
多くの精神科医は、「薬と同じくらい休むことは大切」と言いますが、休む重要性をよく理解しています。しかし、鬱病が治るという観点からは、残念ながら薬は全く効果が無いということになります。

リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ