古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


四十肩・五十肩

五十肩.jpg

原因と症状

四十肩と五十肩ということをある年代になるとよく耳にするようになりますが、両者に違いはあるのでしょうか、実は四十肩と五十肩の明確な違いというのはありません。発症した年齢に応じて呼び方が変わるだけなのです。正式な名称は肩関節周囲炎といいます。見ただけでは判別しずらいので誤解されることがありますが、四十肩は肩凝りとは違います。肩凝りは肩周辺の凝りの症状を意味しています。四十肩は肩関節の炎症のことなのです。

そして医学的には詳しい原因は解っていません。四十代、五十代で発症することが多くあることから、老化による衰えから生じる現象ではないかと推察されているのです。一般的には肩関節に生じる炎症自体が問題になるのですが、炎症という症状自体は実は組織の炎症を治癒させるために起こるものです。加齢と共に衰えてきた肩関節の組織が何かのきっかけで損傷し、それを修復するために起こる現象が四十肩・五十肩なのであります。

四十肩には「急性期」「慢性期」「回復期」の三つの段階があります。急性期には炎症が激しく、激痛を感じます。腕が上がらなくなるなどして、肩を動かせる範囲に制限が出てきます。慢性期では激痛がすこし軽くなり、回復期では痛みは徐々に和らいでいきます。


改善する方法

四十肩は自然治癒できる症状です。放ってい置いたら、数か月~2年程で完治すると言われています。症状そのものを問題として、炎症を押さえ込もうとすることが多くの場合は見受けられます。
 
消炎鎮痛剤や患部を冷やすことでの対処などは、炎症を抑えて痛みを和らげますが、肩関節の修復の妨げになってしまいます。炎症を悪い現象と捉えるのではなく、体が出来るだけ効率的に機能するために、患部の修復が早くなるように考えますと、炎症は徐々に治まっていきます。炎症は身体の修復作用としで起こる現象なのです。

治癒を早めるためには、酸素と血流の確保が必要です。それを妨げるように呼吸が浅くなり、血流が悪くなる原因はいろいろあります。特に一番の原因は冷えです。まず体を冷やさないように気をつけることが肝心です。患部を温める治療法は一般的ですが、血流は患部のみの問題ではありません。血流が悪くなると肩関節に溜まった毒素を流すことができなくなります。

体全体の血流を改善していかないと、患部を温めている間だけは血流が良くなっても、その治療を止めてしまえば血行不良に逆戻りしてしまいます。まず下半身中心に温め、冷え体質自体を改善しくこともお薦めです。

痛みがあると動かしたくないものですが、動かさないでいることも良くありません。ですから関節が硬直しないように、無理の無い範囲で患部も動かした方が良いです。そのために毎日かるく歩くなどや腕を回すなどしてみるのも効果的だと感じます。

リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ