古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


心因性の腰痛

腰痛.jpg

心の問題が腰の痛みに影響している

最頃、原因不明の腰痛には心理的な原因が関わっているケースが以外に多く見らえることが解ってきました。イライラした時に腰に違和感があるというように弱った部位に徐々に痛みを感じてしまうことも起きています。このようにストレスが原因とみられ、仕事や人間関係などのストレスが影響して痛みが徐々にひどくなってしまうもので、「心因性腰痛」と呼ばれています。

慢性腰痛では、骨格や筋肉をいくら検査してもわからないものが多く見られます。そして、最近では原因不明の腰痛に、心理的な要因が関わっているケースが以外に多くあることがわかってきました。心の問題が体の痛みに影響してしまうのは、脳内で痛みの情報伝達にかかわるドーパミン系に問題が生じるためではないかと考えられています。

痛みは、体の危険を感じ取るために必要な信号であるわけですが、それが出っぱなしになると困ることになってしまいます。ですから、普通は痛みの刺激が伝わると、フェージック・ドーパミンという物質が放出され、痛みをコントロールするようになっています。

一方で、ストレスや不安、鬱などの心因的な要因により、別な経路からトーニック・ドーパミンが放出されます。トーニック・ドーパミンの分泌が多いとフェージック・ドーパミンの分泌は低下するという関係性があります。

腰痛に心のケアも必要なワケ

人がストレスを抱えてしまうと、継続的にトーニック・ドーパミンが放出されることになり、その結果、フェージック・ドーパミンは放出されなくなり、痛みをコントロール出来なくなってしまいます。このような痛みのメカニズムがあるのですが、肉体と心は密接な関係がありどちらか片方の問題だけということは無く、少なからず両方が影響しあうことで症状となって表れているのです。
ですから普段なら、大した痛みと感じない刺激に対しても、痛みと認識してしまう、と考えられています。ですが仮に心因性腰痛と診断されても、心の問題が全ての原因だというわけではありません。

痛みが慢性化する過程で、肉体的・心理的要因の両方が複雑に関わっていると考えられます。この場合は、肉体面のみならず精神面での問題も同時に解決する必要が出てきます。 このような症状に対しても当リベルタ整体院では身心両面のケアを心がけています。

リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ