古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


ストレスが心身症を生む

ストレスNO1.jpg

ストレスが原因の身体疾患(心身症)

ストレスは様々な病態を作る原因になります。
頭痛や吐き気なども、実はストレスが原因だったということがしばしば見受けられます。

病気は、身体に原因のある「身体疾患」と精神的な原因のある「精神疾患」に分けることができます。
ストレスが原因であることや、病態名に「心」が入ることから、心の病気のように思われがちですが、心身症は身体疾患なのです。

ストレスが関与して現れてくる精神疾患を含まない身体的な病態が心身症です。
心身症は病名ではなく、様々な病態の総称なのです。


身体の様々なところに発症する

同じストレスを受けても、その受け止め方は人それぞれに異なります。
ですから現れる症状にも個人差がありますが、一般的に初期症状としては、偏頭痛、吐き気、めまいなどが多く見られます。

この他、耳鳴り、ヘルペス、眼痙攣、蕁麻疹などもあらわれます。

ただし、先に述べたように身心症は、ストレスを起因とした病態の総称ですから、胃潰瘍だとすると、器質的な胃潰瘍と区別するために、正確を期して「胃潰瘍(心身症)」と記入されることがあります。

身体にこれといった異常は見られない

身体にあらわれる心身症の症状の原因は目に見えないストレスですから、検査しても異常が見られないこともあります。
また、本態性高血圧症(心身症)を発症している人に降圧剤を与えても血圧が下がらないのに、心理療法を併用したら病態が落ち着いたというケースもあります。

ストレスを起因とする心身症としての高血圧であれば、体の治療とともにストレス状態の改善についても考慮しなければならないのです。見えない心と実体としての身体は実は密接に関係しあっているのです。


発症しやすい人

ストレスの受け止め方が人によって様々であるということは、ストレスに弱い人、心身症を発症しやすい人がいるということもあるようです。一般的に身心症になりやすい人は、不安や緊張の強い人、あまり感情を表に出さない人だとされています。
また、アレキシサイミア(失感情症)の人は心身症になりやすいとも言われています。

アレキシサイミアとは、自らの感情を自覚・認知し、これを表現することが不得意で、空想力・想像力に欠ける傾向があることを指します。

自らの感情を認識することが苦手なため、身体の症状として現れてしまうのではないかと考えられています。


ストレスの原因

自分で自覚できるストスと、自分では自覚できていないことがストレスとなっている場合も珍しくありません。
ストレスは自覚しにくい面も多々あるので、対策を講じることができずに進行してしまいます。

ストレスには必要なものもある

ストレスというと苦しいことや、辛い事を連想しがちですが、楽しいこと、悲しいことがストレスとなることもあります。
冠婚葬祭や入学、入社などのイベントなどもストレスになることもあります。時には適度な緊張も必要になります。

また、喜ばしい場面での張り詰めた緊張感などもストレスに成り得ます。多くのストレスの裏には責任感が関与していたりします。真面目な人ほどストレスと向かい合わなければならないのはこのためかもしれません。

ストレスの個人差

人づきあいが苦手な人もいれば、好きな人もいます。営業が苦手な人もいれば、営業が天職と思える人もいます。
同じ事柄でも個人差がありストレスと感じることもあれば、感じないこともあります。

 また、仕事が好きで、目いっぱい働いていて、何も悩みが無いような人でも、気付かないうちにストレスを受けている場合もあります。

このように、ストレスは自覚できるものばかりではなく、注意が必要なことが多くあります。

ストレスの年代差

仕事などのストレスは、年代により異なることがあります。
20代では、仕事の適正がストレスになるケースが多いのに対し、30代では、仕事の忙しさや仕事量の負担がストレスになるなどがあります。

また、私生活では、結婚や子どもの誕生といった大きな変化を経験し、このような変化への対応がストレスになることもあります。

40代になると、仕事の質が問われるようになり、上司と部下との間での「サンドイッチ現象」がおおきなストレスを生みます。
50代では、ある程度の地位を得ることによる人間関係の悩みなどがあり、一方では定年後の仕事や老後の問題などの他に、両親の介護などがストレスとなってきます。このようにどのような世代であってもストレスを感じることになります。


ストレス発散法

ストレスを発散させて解消していかなければ、蓄積してしまい知らず知らずのうちに心が耐えられなくなり限界に達してしまいかねません。ストレス発散の方法は人により様々でしょう。

旅に出て、気分をリフレッシュするのもいいですし、カラオケで大声を出して鬱憤を晴らすのもいいでしょうし、一人で落ち着いて音楽を聴いて疲れを癒す方法もあります。
その他にも運動をしたりすることは効果があります。

日常生活にストレスは付き物ですが、考え方や受け止め方の工夫次第で改善できることもあります。
考え方を変えてネガティブな感情にならないように出来れば改善も可能になります。

ストレスによるネガティブ思考がさらなるストレスを誘発する負の連鎖になることもありますので、物事をポジティブに受け止められるように思考の切り替えが出来るような工夫も必要です。


ストレスを減らす

ストレスを減らすことの自分自身の工夫で改善の余地があるなら、おおいに試す価値があります。
また、どうしても改善の余地がないなら、究極のストレス改善方は環境を変えることです。
これは人により出来ない場合もありますが、環境を思い切って変えることで、どうにも改善の余地がない場合には効果が期待できます。

ストレスにより思いもよらない心身症が誘発され、多くの人を悩ます現代の宿病のようになってきているのですが、ストレスはさらにストレスを誘発し、症状を悪化させていきます。

日常の中のストレスを減らしてメンタルヘルスを維持することは、現代社会を生きる課題だとも言えます。
施術としての対処法は「心の毒」を消すことと、「異常反応」を解体することで対処できます。

リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ