古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


悪意の解体

悪意.jpg

悪意とは 

誰しも多かれ少なかれ心の中に悪意を抱くことがあります。悪意とは欲求ですから、ただ単純に満たされたがっています。けれども人には理性があります。理性が機能する分野においては正しく善を選択できます。理性は悪意のもつ無差別性を抑えています。

しかし、悪意が強くなればなる程、理性は譲歩しなければならなくなってしまいます

ダイエット中の人が強い欲求に押されて、「今日は、いっぱい歩いたから大丈夫だ」「明日から頑張ればいいだろう」と譲ってしまうことがあります。理性と悪意との関係はこれに良く似ています。

譲歩を迫られた理性は、攻撃性を向けても良い理由を探してしまいます。例えば善良な人、無垢な子供などには、そう簡単に悪意を向けられるものではありません。通常の精神状態であれば、固く理性に抑えられています。しかし、相手が自分や身内に危害を及ぼした加害者や醜悪な悪人であればどうでしょうか?

人により程度の差はありますが、そのような相手なら善良な無垢な子供に比べて、攻撃しても構わない、と感じられるのではないでしょうか、他人の落ち度に対して、過剰と思えるほどの攻撃をする人物像が、この図式により説明できます。復讐と制裁は、もっとも悪意が入り込みやすい領域です。強い攻撃性を向けても正当だとさせてくれる大義名分が与えられます。また、教育・指導の分野にも悪意は簡単に入り込みます。

「教育だから、厳しくするべきだ」という意識がそこにはあるのですが、実は、攻撃自体が動機になるケースが多々あります。教育だから、相手のためだから、という大義名分が悪意を招き入れます。ミスや至らないことに対して、罵声や暴力が過剰になります。

子供の虐待死は後を絶ちません、その供述は「そこに居るだけでムカつくから、殴った」または、言うことを聞かない、食事を残した、目つきが気にくわなかった、などの子供に落ち度(と親が判断)したものが前提にあります。いじめの問題や、あらゆる差別の問題、戦争や紛争などの背景にも大きくこの悪意の存在が絡んでいます。

悪意という言葉から、イメージされる色は何色でしょうか?おそらく多くの人が、黒と回答すると思います。少なくとも、華やかな色ではないはずです。悪意に支配された心は、暗くドロドロとして、決して幸福な世界ではありません。攻撃性などにより高揚し、一種の快感を感じることはあっても、そこに幸福はありません。これが、悪意の世界です。ですから、悪意を手放した多くの人が、その行為や後の気分を「虚しい」と表現するのはこのためです。

真の理性は常に悪意を手放したがっています。けれども悪意は固着してしまい、理性がどう頑張ろうとも外れてくれません。

治療現場では、悪意を解体する前には、恨んでいる人の有無を確認します。もしもいるなら、リアルに復讐をイメージしてもらいます。暴力でも、罵詈雑言でも、社会的地位の失墜でも、心にとっては実際に復讐を果たしているのと同じように受け取れます。そこには必ず快感があります。それは暗い陰湿さを伴う気持ちよさです。


悪意の解体

固着した悪意を解体し、最終的に0 にします。悪意を解体後に、また同じ復讐のイメージをします。・・・すると、以前のように気持ちが乗りません。先ほどの快感はなく、そのことについてどうでもよいと感じるようになります。相手を許した覚えは全く無いのに、どうでも良い、そもそもの関心が無くなっています。

許すとは、理性が許可を取り消す作業です。無差別の加害欲求に対して、理性はこんな妥協をしていました。「自分は被害者だから、加害者に悪意を向けても良い」つまり、それは権利意識のようなものです。許す本質とは、相手に悪意を向けても良いとする権利の放棄です。この場合には、権利も放棄も、そもそも悪意の方が無くなってしまう訳です。

また、悪意の解体後は怒りが様変わりしています。怒りは理性の勢力を弱めて、攻撃性を増します。悪意によって怒りは激しくなり、冷めるのも遅くなります、それと怒りと共に自分の心がドス黒くなっている意識があります。これが、パッと怒ってから短期間ですぐに鎮静化されるようになります。またドス黒いドロドロした気持ちにもならず、爽やかな気分になっています。

悪意を解体したら今までとは違う意識で楽に生きてい行けるようになっています。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ