古河市で土曜・祝日も営業の国家資格保有施術者による安心の整体

リベルタ整体院


無気力の原因

チャクラ.jpgのサムネイル画像

経絡

人体には経絡という気の流れがあると東洋医学では考えられていて、特定の臓器と機能的に連動しています。
また、経絡は心身の生命活動を司る気の流れの経路とも言われています。そして、経絡(気の通り道)と無気力との関連は、腎臓の乱れと関係している可能性が多くあります。
腎臓が乱れると前向きに生きる姿勢そのものが失われますし、慢性的な倦怠感や虚脱感の中、無気力や鬱といった状態にも陥ることになります。

無気力

何かの事情で、一時的に無気力になってしまった場合には、問題はありません。
何かに情熱的に打ち込んでいて目標が達成された後に無気力となってしまった場合は、心が休息しているだけの状態です。

また何かのショックを受けて無気力になってしまった場合にも、心が一旦活動を鎮静化させて嵐が過ぎ去るのを待っている状態なのです。
そして、早期に回復したならば、正常な心の反応であって、無気力を使ってバランスをとっているという感じなのです。

しかし、特に原因がわからないのに、長時間無気力から脱出できないという場合には、潜在的な問題があります。
その場合は、未消化の心の問題があるのかもしれません。この場合にはその問題を突き止めて、それを消化して前に進むための体制づくりをする必要があります。
また経絡や内臓の不備に原因がある場合には、これらのケアも必要になってきます。

 心の課題と肉体的、エネルギー的課題は、同時に発生している場合が多く、それらは平行してのアプローチが効果的です。
経絡・内臓ケアをしながら、その上で心の問題に取り組んでいきます。




更新

<< 前の記事

リベルタ整体院のご案内

住      所:
〒306-0033
茨城県古河市中央町3-6-4 
アクセス:
湘南新宿線・東北本線 古河駅から徒歩8分
お問い合わせ・ご予約
090-1049-5575
受付時間:
平日 9:00~20:00
土祝 9:00~19:30
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ